FC2ブログ
学校給食と牛乳・その1
2015 / 02 / 18 ( Wed )
今日の毎日新聞に、このような記事が出ていました。


-----------------------------

クローズアップ2015:牛乳なし給食賛否 

新潟・三条市教委、試行2カ月 純和食 栄養補えず、「洋」「中」継続

毎日新聞 2015年02月18日 東京朝刊


和食中心の給食を推進する新潟県三条市教委が

市立小中学校30校で牛乳なしの給食の試行をスタートしてから約2カ月がたった。

牛乳の栄養を補うため、主菜などの量を増やしたり、

牛乳以外の乳製品を提供したりと工夫を凝らすが、

児童・生徒たちの反応は賛否両論がある。

和食だけで国の栄養基準を満たすのは容易ではないという課題も浮上している。

専門家からは「牛乳をいつ、どのように飲むか、工夫すべきでは」との声も出ている。

【山本愛、田村佳子、小島正美、榊原雅晴】

 「牛乳はご飯に合わないのでなくなってよかった。

煮干し粉もおいしいし、ヨーグルトもデザートなので、食べ合わせは気にならない」。

三条市立三条小6年、砂長大成君(12)がそう話して給食を平らげた。

三条市教委は昨年12月の試行以降、従来以上の栄養量を確保するため、

(1)主菜や副菜の量を増やす(2)月2回だった小魚のふりかけを週1、2回に増やす

(3)みそ汁のだしに煮干し粉を使う(4)ヨーグルトを週1、2回出す−−などの措置を取った。

カロリーはこれまでの水準を維持。子どもたちからは水分を求める声も多く、

学校の判断でお茶か水を持参できるようにしたほか、

煮干し粉も「においが強い」「飲みにくい」との声があり、量を調整したり、細かくしたりした。

同市教委の清水学・教育総務課長補佐は「子どもたちの反応は悪くない」と話す。

ただし、子どもたちからの反応はさまざま。


市立三条小では「ヨーグルトが出る回数が増えたのは矛盾を感じる」

「こんなにヨーグルトが出るなら牛乳に戻して」(ともに6年)との不満も。

市立第四中では、量の増加に「食べられないわけでない」

「時間が足りない」(ともに3年)と賛否が分かれた。


給食を担当する市の栄養士は

「純粋な和食にしたいが、それでは国の栄養基準を満たせない」と明かす。

牛乳自体はメニューから消えたが、乳製品や、牛乳を材料にしたスープやシチューは継続。

栄養士は「和食の一汁三菜(汁物とおかず3品)を基本に、

洋中の料理も取り入れつつ、メニューを作っている」と話す。


牛乳なし給食について、全国学校栄養士協議会は昨年5月、

効果に疑問を投げかける意見書を発表した。

文部科学省の定める「学校給食実施基準」を維持できるのか

▽白いご飯にふりかけというパターンの習慣化は望ましい食形態ではないのではないか−−などを挙げた。


日本栄養士会も「一般に子どもは牛乳が好きで、多くの親も飲ませたいと思っている。

牛乳のカルシウムは吸収率が高い。いくら他の食材でカルシウムが同量になるように献立を作っても、

実際に取れるカルシウム量は牛乳に及ばないだろう」(学校健康教育担当)と懸念する。


◇効果的な飲み方工夫も

家庭での食事も含めた子どもたちの栄養摂取状況はどうなっているのか。

独立行政法人日本スポーツ振興センターが2010年度に、

全国の小学3、5年生と中学2年生の計約5000人を対象に行った調査によると、

学校給食のない日はある日に比べて、食塩を除くすべての栄養素の摂取量が少なく、

特にカルシウムは顕著に差があった。


野菜、豆類、乳製品などが大幅に少なく、特に乳製品は全学年とも給食のある日の半分も取れていなかった。

全学年とも過半数の子どものカルシウム摂取量が推奨量に届かず、

多くのカルシウムを必要とする中学生は、給食のある日でさえ推奨量

(中2男子1000ミリグラム、同女子800ミリグラム)を大きく下回っていた。

カルシウム不足は骨の成長に影響を及ぼし、将来的に骨粗しょう症の要因となる。


学校給食に和食をどう取り入れるかを考える京都市教委の検討会議は、1月の最終報告で、

牛乳を「カルシウムを摂取するうえで効率の良い献立の一つ」と位置付けた。

代替の栄養確保が課題となったためで、「多様な食材からカルシウムを摂取できる献立の研究」

「食後にデザート感覚で飲むなど牛乳の飲み方の工夫」を検討事項として盛り込んだ。


一方、「和食に牛乳はそぐわない」などの声に配慮し、

月1回の「和食推進の日」には牛乳に代え、汁物を提供する方針。


三重県御浜町の町立尾呂志(おろし)学園小・中学校では、5年前から、

牛乳は2時限の授業が終わったあとの休み時間に飲み、給食ではお茶を提供している。

給食時間が短いこともあり、小学低学年は牛乳を飲み干すのがひと苦労といい、

前川直毅校長は「給食時よりも休み時間の方が飲みやすい」と児童に受け入れられている様子を話す。


ただ、三条市教委は07年度に給食時間外の牛乳提供を試みたが、

学校側から「負担が大きい」などの意見が出て取りやめた。


学校給食での牛乳利用の歴史などを研究している中沢弥子・長野県短期大教授によると、

学校給食に関するアンケート調査では小学生の大半は比較的抵抗なく牛乳を飲んでいるが、

高校生や大学生になると牛乳の摂取量が減る傾向がある。

中沢さんは「スポーツのあとに牛乳を飲むことが健康にも効果的というデータがある。

牛乳をいつ、おいしく飲むかをもっと議論した方がよいのでは」と提案する。

==============

 ■ことば

 ◇牛乳なし給食

新潟県三条市教委は2008年度から完全米飯給食を実施。

保護者らから「牛乳はご飯に合わない」との声が出て、昨年12月から牛乳なし給食を試行した。

今年3月までの4カ月間で、4〜9月は牛乳を提供。試行中の残食率などを検証し、

10月以降、牛乳を提供するかどうかを決める。

-----------------------------ー


この記事を読んで、牛乳について以外にも

ちょっと気になることがあったので、

何回かに分けて、私の思いを

ちょっとお話してみたいと思います。



まず、この中で

『和食だけで国の栄養基準を満たすのは容易ではないという課題も浮上している。』

とある、『国の栄養基準』。


厚生労働省の

『日本人の食事摂取基準』なるものに、

(詳しく知りたい方はこちら→日本人の食事摂取基準(2015)

それぞれの栄養素やビタミン類などの目標値が

ひとつひとつに、年齢ごとに

事細かに定められています。


そりゃ、これを満たそうと思ったら、大変ですよね。

(ちなみに、昔よく言われていた『1日30品目を食べよう』は

今は言われなくなっています。)


これについて、

私がおススメの本として紹介したことのある

「医者いらずの出産&育児」の著者、

真弓小児科医院 小児科医の

真弓定夫先生は、著書の中で

『現代栄養学の大間違い』というタイトルで書かれています。


---------------------

1985年、旧厚生省は、「健康づくりのための食生活指針」の中で、

栄養バランスをとるために「1日30品目を食べよう」と提唱しました。


そのあと、わたしは自分の著書の中で

「1日30品目を摂る必要はない。1日に食べる品目は少なくていいので、

その代り、季節の移り変わりにしたがって、旬のものを食べるようにしましょう」

と主張しました。

そうすれば、1年のあいだにかなり多くの種類の食べ物を口にすることができるからです。


食品成分表とは、どの食品にどれだけの栄養素が含まれているかを数値化したものですが、

その数字を鵜呑みにするのも考え物です。


なぜなら、野菜のビタミンひとつとってみても、露地野菜とハウス野菜とでは

値が全然ちがうからです。トマトの場合、露地栽培のものに含まれるビタミンCは

冬のハウス物のそれより4倍以上の量になるのです。

一律には考えられない、ということです。


数字だけを頼りに栄養について考えるのは限界がある、

とわたしは言い続けてきたのですが、

「1日30品目」はまるで合言葉のように、日本人に深く浸透していきました。


ところが2000年に改訂された指針では、

「主食、主菜、副菜を基本に栄養のバランスを」

とあるだけで、いつのまにか、「30品目」は消えてしまいました。


それは、この数字をまっとうしようとした生真面目な日本人が、

結果として「栄養過多」になってしまった例が多かったからー

ということのようです。


----------------------


毎日、カロリーや栄養の目標値をクリアするための食事ではなく、

旬のものを、また「地産地消」で

その土地、気候、風土に根付いた身近なものを口にする、

そんな当たり前のことが、まず大事なのではないでしょうか。


真冬でも、スーパーに並ぶ

トマトやキュウリなどの夏野菜…。

そんな不自然さに慣れてしまっている

私たちの生活を、見直さなくてはいけないように思います。

(て、私も以前はまったく無頓着な人のひとりでした)


長くなってしまったので

牛乳やカルシウムについてなどは、

また次回に…。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



22 : 28 : 21 | 牛乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
学校給食と牛乳・その2
2015 / 02 / 22 ( Sun )
前回の学校給食と牛乳①の続きです。


今回は、「カルシウム=牛乳」ともてはやされている

この『牛乳』についてです。


以前にもこのブログで「牛乳を飲みなさい!」は間違いだった?

の記事の中でも、

「牛乳ほど消化の悪い食物はないといっても過言ではありません」

という、著者の言葉を紹介しました。


また、以前おススメの本として挙げた

「子どもを病気にする親、健康にする親」

(Tokyo DD Clinic院長・内科医 内海聡 著)

子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)
(2014/04/15)
内海 聡

商品詳細を見る


この本の中でも、

『子どもに牛乳を飲ませるな』とあります。

著者は、「牛乳を飲むほど骨は弱くなる」と警鐘を鳴らしています。


その理由として、

・「牛乳はカルシウムが多く、健康にいい」という常識は、ねつ造されたものである。

・牛乳のたんぱく(カゼイン)は、胃腸に過度な負担をかける上、

消化管でスムーズに処理できないために様々な毒素を出し、血液を汚す。

・アレルギー性疾患、喘息や鼻づまり、アトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎などを

引き起こしやすい体質をつくる


などがあり、


「牛乳は、カルシウムを摂るために大事」と言われている

巷の健康常識についても、


・牛乳には「リン」がたくさん含まれている

・リンは骨のカルシウムを溶かし、体内にあった同量のカルシウムと

結びついてリン酸カルシウムとなり、体外に排泄される。

・牛乳を飲むほど、体内のカルシウムが減少し、骨量が少なくなる


と書かれています。


牛乳は、カルシウムが多く含まれていると言っても

消化が悪く、カラダに吸収されにくい、という欠点があります。


また、世界では「牛乳(=カルシウム)やタンパク質をたくさん摂っている国ほど骨粗鬆症による骨折が多い」

という研究結果が発表されているのです。

(こちら→牛乳カルシウムの真実・牛乳と骨粗しょう症


では、なんでこんなに巷では

「牛乳は身体にいい」「牛乳を飲みましょう」

と言うの?という疑問については

また次回に…。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

06 : 37 : 47 | 牛乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
学校給食と牛乳・その3
2015 / 02 / 27 ( Fri )
学校給食と牛乳・その1

学校給食と牛乳・その2

の、続きです。


そもそも、なぜ「牛乳は健康にいい」と言われ

学校の給食に出されるようになったのでしょうか?


『日本で盛んに牛乳が飲まれるようになったのは、戦後である。

GHQ(連合国軍総司令部)の要望で、牛乳・乳製品などの動物性食品の消費促進が推進された。』


という、歴史をご存じでしょうか?


■ 世界の牛乳(国別生産量)

世界の乳牛・牛乳(国別生産量)


(単位・・・千トン) 2011年
EU(27か国)   136,600
アメリカ        88,768
インド         52,500
ロシア         31,200
ブラジル       30,846
中国          30,500
ニュージーランド   18,049
アルゼンチン     11,070
メキシコ        11,060
ウクライナ       10,570
オーストラリア     9,600
カナダ          8,350
★日本          7,550
合 計        446,663
 (出典) USDA「World Markets and Trade」 (In selected countries)


子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)
(2014/04/15)
内海 聡

商品詳細を見る


こちらの本にも書いてありますが、

「牛乳が健康にいい」と言われるようになったのには…


・アメリカの巨大な牛乳・乳製品業界が、財力にものをいわせて

政治的な圧力や宣伝を日本に仕掛けてきたから

・アメリカ政府は牛乳の害を知りながら、有名人を使った牛乳・乳製品業界の

大キャンペーンに目をつぶり、事実を隠ぺいしてきたといわれている

・日本でも、テレビコマーシャルの3割近くが、菓子メーカ-、牛乳・乳製品メーカーもの。

それゆえ、日本のマスコミも、牛乳の危険性は取り上げないという暗黙の了解がある


そして、牛乳の利権によって作成されたのが「母子手帳」であり、「給食」だと…。


・敗戦後、1945~52年のアメリカ軍による占領期間中、保健所に勤める栄養士の条件は、

乳業の専従栄養士であることだった

・1948年には「母子手帳」を乳業メーカーに作らせ、「牛乳(粉ミルク)を飲ませるように」と明記し、

カバーには森永乳業、雪印乳業、明治乳業などの広告が載せられた


といった、行政と牛乳・乳製品業界が癒着して牛乳の普及に努めていた事実があるようです。


この本以外にも、

・乳業界にとって学校給食は3兆円産業の食材市場であり、乳業界は校長などの天下り先となり、批判する者は飛ばされた。

・牛乳を普及させる過程で、牛乳は健康に良いという「牛乳神話」が作られていったという。

しかし、現在、牛乳神話に疑問を抱く声が増えている。

・日本よりもはるかに牛乳を摂取している欧米人に骨折が多いという。

・「アメリカでは1000万人の人が骨粗鬆症に悩まされ、 50歳以上の女性の二人に一人、男性の8人に一人が、骨粗鬆症が原因で骨折している。アメリカはカルシウムの4分の3を牛乳や乳製品から摂取している。世界で最も牛乳を飲んでいるノルウェーでの骨折率は、日本の5倍にものぼる」

・牛乳に対して、本当にこれまで言われてきたように健康に良いのか、疑問を抱く声が増えている。


こういった意見もあります。


色々調べてみると出てくる、牛乳と給食との関係。



次回は、その牛乳がどうやって作られているか、

について書こうと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

06 : 31 : 07 | 牛乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
学校給食と牛乳・4
2015 / 03 / 14 ( Sat )
学校給食と牛乳・その1

学校給食と牛乳・その2

学校給食と牛乳・その3

の続きです。


前回、牛乳がどのようにして母牛から搾取されているか、

というのを書こうかと思ったのですが…。


自然な生育にこだわって乳牛をそだてていらっしゃる農家さんも

あると思うので、それについては書くのをやめようと思います。


知りたい方は、ネットで「牛乳 危険」や「乳牛の一生」などで

検索してみてください。


で、私としては「学校給食と牛乳」について、どう思うかというと

『学校で、強制的に「カルシウム源」として牛乳を出す必要はない』

と思っています。


飲みたければ、ひとつの飲み物として「嗜好品」として、家庭で飲めばよいのでは?


わが家でも、そういった牛乳の背景を知っていますが

わが子も牛乳を飲むこともあるし(一時保育でおやつに出るので、ジュース感覚みたい)

牛乳を使ったメニューをつくることもあります。


牛乳にも、いい面もあるし、悪い面もある。


その両方を知って、どうそれを食していくか、

自分自身で(子どもさんの場合はお母さんですが)

判断していくのが大事かな、と思います。


それに、前回の「グルテン過敏症」って?もかかわってくるんですが、

「学校給食を和食中心に」という新潟県三条市教委の活動は

そういった面でも続けて頑張って欲しいな、と思います。



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


06 : 00 : 00 | 牛乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |