FC2ブログ
「歯」のはなし
2013 / 04 / 22 ( Mon )
わが子も最近

やっと5本目の歯が生えてきました。

(来月の頭で1歳2ヶ月)


そもそも、歯がはえてきたのも

生後9ヶ月ぐらいで。

生まれたときも小さかったし、

成長もゆっくりマイペース。


離乳食も、歯が生えるのを待って始めました。


周りからは

「5~6ヵ月ぐらいから離乳食を始めましょう」

「体重も少なめだし、離乳食始めた方が…」

「離乳食を始めないと、貧血になりやすい」

など、いろいろな声がありました。


赤ちゃんの成長って、その子それぞれ。

そして、人間も動物。

身体が「ご飯食べれる準備」ができてから

離乳食を始めればいい、と。

なので、あせらず待ちました。

(離乳食つくるのが面倒だったと言うのも、若干ありますが(笑))


「自然の法則にしたがう」


いろんな情報や知識に迷う時、

この言葉を思い出すようにしています。
スポンサーサイト



22 : 57 : 02 | 離乳食について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
まってて、たまご。
2013 / 04 / 28 ( Sun )
来月の頭には、

1歳2ヶ月になるわが子。


どうやら、たまごを

食べると目や口のまわりが

赤くなるようで。


かゆがったりとかは

ないけれど、

たぶん病院連れて行ったら

「卵アレルギー」と

言われちゃうんだろうな~。


赤ちゃんの

食物アレルギーの原因に

「早い時期での離乳食」

が言われています。


体の準備ができていないと、

体が食物を「異物」と

判断してしまうんです。


わが子は、

一歳こえているとはいえ、

体も小さく、

歯がまだ上下あわせて

5本しか生えていないので、

ちょっと急ぎすぎたかと

反省。


ちなみに、なにを基準に

食べさせるものを

決めるかは、「歯」。


前歯は「草を食べる歯」。

なので、前歯が

生えてきたら野菜などがOK。


犬歯は「肉を噛み切る歯」。

犬歯が生えてきたら

動物性の食べ物がOK。


そして、臼歯は穀物を

もぐもぐ(咀嚼)して、

すりつぶして食べれる

ように。


なので、食べ物のバランスも

歯の本数に比例して、

野菜2:肉1:穀物4

の割合で。


これが、人間も含め

動物の自然な姿なのです。


あとは、心身の状態も

関係するので、

もう少し待ってから、

身体の調子のいいときに

また卵にチャレンジ

しようと思っています。


それまで

たまごさん、まっててね~。
22 : 55 : 23 | 離乳食について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人間の歯の数はなぜ32本なのか?
2014 / 01 / 26 ( Sun )
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
(2005/07/08)
新谷 弘実

商品詳細を見る



このブログでも、以前に歯の話を書いたことがあるのですが(こちら→まってて、たまご。

著者も、人間の歯の数と食物との関係を書かれています。


~理想的な食事バランスは、歯の数で決まる~


歯は、その動物がどのような食性を持っているかを反映しています。


肉食動物の歯は、先のとがった、人間でいえば「犬歯」のような歯ばかりです。

これは動物の肉をかみちぎるのに適しています。


草食動物は、植物をかみ切るのに適した薄くて四角い、人間でいえば「門歯」のような歯と、

かみ切った植物をすりつぶすための臼のような歯「臼歯」を持っています。


人間の歯の数は全部で32本(親知らずを含む)。

その内訳は、門歯(前歯)が上下2対ずつ、犬歯(糸切り歯)が上下1対ずつ、

そして臼歯が上下5対ずつとなっています。

つまり人間の場合、肉(動物食)を食べるための犬歯が「1」なのに対し、

植物を食べる歯は、門歯の「2」と臼歯の「5」を足した「7」あるということなのです。


この「7対1」をそのまま植物食と動物食のバランスにあてはめたのが、

「植物食を85%、動物食を15%」という食事バランスなのです。


つまり、人間にもっとも適した食物バランスをまとめると、

・植物食と動物食のバランスは、85~90対10~15

・全体としては、穀物を50%、野菜や果物を35~40%、動物食は10~15%

・全体の50%を占める穀物は、精製していないものを選ぶ



人間も自然の一部、動物であることを考えれば、

カラダのつくり、仕組みを観察すれば、

もっとも適した答えがあるということなんですね。


離乳食は、歯が生え始めてから。

進め方も、歯の成長にあわせて。

食事のバランスも、歯の本数にしたがって。


自然に則した生活で、カラダをいたわってあげたいですね。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


22 : 39 : 23 | 離乳食について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |