FC2ブログ
出産から産後まで…その1
2015 / 08 / 02 ( Sun )
2015年7月1日、お昼前に無事弟くんが産まれました。

お姉ちゃんの時より時間はかかったものの、

陣痛のつらさは一人目よりもラクでした。


今回のお産は出血も少なかったおかげか、

産んだ直後もけっこう元気でして。


お姉ちゃんの時は見れなかった胎盤も

じ~っと目で追ってたら、先生が

「胎盤、見ますか?」と。

ラッキーとばかりにしっかり見せてもらって、

へその緒も触らせてもらいました。

(想像してたより太くてしっかりしてました!)


前は産後尿意を感じなかったり、

産後便秘になったりしたのですが

今回は入院中も毎日お通じもあってヾ(^v^)k


夕方到着したパパにも

「なんか、今日お産したとは思われへんぐらい

普通やし元気やな…(^_^;)」

と言われたぐらい。


今回は朝の4時までグッスリ寝た後

陣痛らしきお腹の痛みが始まったので、

朝ご飯もしっかり食べてから病院に向かったから

体力もあったんでしょうねσ(^_^;


お産がお昼前だったので、

その後2時間カンガルーケアという、

分娩室で胸の上にわが子を乗せて過ごしている間

めっちゃおなかが空いてて…(^_^;)


(部屋に戻ったら、まだお昼ご飯あるかな~(・_・、)…)

なんて事を心配しておりました(^。^;)


弟くんは私の胸の上でさっそくおっぱいを飲んで

けっこうモゾモゾ動いていて。


産まれた直後からカンガルーケアの2時間の間、

ほとんど寝てたお姉ちゃんとは対照的でした(^_^;)


その2へ続く。

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



22 : 05 : 53 | 出産から産後まで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
出産から産後まで…その2
2015 / 08 / 03 ( Mon )
昨日の「出産から産後まで…その1」の続きです。


そんな体調もなかなかよかったものの

ちょっと気がかりなことも…。


というのが、「後陣痛」と言われる

生理痛のようなお腹の痛みが多少あったこと。


ズキズキした痛みではなくて、弱い感じだったので

以前「後陣痛ってなんだろう?」で書いたように

東洋医学で言う虚の痛み

(カラダに必要なエネルギー不足で起こる痛み)

だな~、とσ(^_^;


こりゃ体調はいいけど養生しとかなきゃ…

と思っていたものの、

退院して家に帰ってからは

上のお姉ちゃんの遊ぶのにつきあって、

昼間横になるのはお昼寝の時ぐらいですごしていたら…。


退院して3日目がぐらいになんと、

お恥ずかしながら子宮下垂→子宮脱になっちゃいましてσ(^_^;


※子宮下垂、子宮脱とは…

子宮下垂および子宮脱は

子宮の位置の異常のことで、

子宮が下降して腟内にとどまっている状態を子宮下垂といい、

腟から脱出してくる状態を子宮脱といいます。


東洋医学的に子宮下垂や子宮脱になるのは

どういう状態なのかはまた次回にしますが、

いやはや、あれほど「産前産後の養生は大事」

と言っておきながら、ホントに情けない…(^_^;)


しかし、お姉ちゃんの産後は

便秘、肌荒れ、目の疲れといった

東洋医学では「血」と言われる

様々な器官に栄養や潤いを与えるものが不足する

「血虚」の症状が多かったものの、

今回の弟くんの産後は

子宮脱(臓器下垂)、疲れやすいといった

東洋医学では「気」と言われる

身体に必要なエネルギーが不足する

「気虚」の症状の方が目立ったのは

自分の事ながら「へ~、おもしろいなぁ」

なんて思っていたのでしたσ(^_^;



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村
21 : 19 : 32 | 出産から産後まで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
出産から産後まで…その3
2015 / 08 / 06 ( Thu )
その1、その2に続き、その3です。



そして、お姉ちゃんの時もあり、

今回の弟くんの産後も共通してあったのが「痔」。

(スミマセン、恥ずかしげもなく…σ(^_^;)


しかし、これも同じ「痔」なのですが

お姉ちゃんの時と弟くんの時の痔は

様子が違うんですね。


お姉ちゃんの時は、その2にも書いたように

「血虚」による身体の潤い不足で

便秘になってしまったがために

硬いお通じによって起こる「切れ痔」だったのですが、

今回の弟くんの時は、お通じはほぼ毎日あって

お通じが堅かったわけではないのに

「気虚」による、内臓などを正常な位置に保つ働きが

うまくできないがために起こる、脱肛気味の痔。

(どうも内側にできてるよう)

子宮脱も、この気虚によって起こっちゃいました。


同じ「痔」でも、ちゃんと原因に違いがあるんです。



「妊婦の痔は多いって言うから、

ほとんど血虚だと思ってたけど

そうでもないんだな~」

というのが、今回のお産での発見でしたσ(^_^;


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村



21 : 15 : 53 | 出産から産後まで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
なぜ今回のお産は「気虚」?
2015 / 08 / 16 ( Sun )
出産から産後まで…1、2、3にも書いたのですが

お姉ちゃんのお産の後は、

東洋医学で言うと、身体の様々な器官に

栄養や潤いを与えるものである「血」が不足している

「血虚」の症状が多かったのに

今回の弟くんのお産の後は

カラダのエネルギー源である「気」が不足する

「気虚」の症状が目立ちました。


今回もきっと血虚症状が出るだろうと予想していたので

ちょっと意外でした。


で、「なぜ今回は気虚だったのか?」を

自分なりに考えてみました。


まず、お姉ちゃんのお産の時より

出血量が少なかったことがひとつ。


お姉ちゃんの出産直後はフラフラだったのですが

今回は出産直後も立ってもふらつかずに

トイレも普通に行けたくらい、

貧血にならずだったので…。


それと、陣痛が始まってからの時間が

今回の方が長かったこと。

陣痛の痛みは今回の方がラクに感じたのですが

分娩までの時間が前回より長かったので

エネルギー源である「気」を消耗したのでは

ないかと思います。


また、産後は7月でちょうど暑くなってくる時期だったため

汗をかくことも多くなっていたので、

汗と一緒に「気」を消耗していたこと。

(汗かくと、グッタリしますよね?

汗かくことでも、結構体力奪われるんです(^_^;))


退院後けっこう動いていたことでも「気」を

消耗してたんだと思います。


で、結果的に「気虚」の症状が多く出ていたのでは?

と考えています。


ま、ちゃんと産後おとなしくしてたら

よかったんですが…σ(^_^;


産後ひと月半たって、カラダは順調に回復しています。

今は子宮脱も大丈夫になって

残るは痔がたま~に出血するぐらい。


あ、知り合いも産後に「直腸脱、便秘で出血」と

とても他人とは思えない似た境遇が…(^。^;)


上の子がいると、わかっていたものの

なかなかゆっくり休んでいられないですねσ(^_^;


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


22 : 07 : 23 | 出産から産後まで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |