FC2ブログ
おひさしぶりです☆
2018 / 09 / 08 ( Sat )
早いもので…気がつけばお姉ちゃんはすでに小学1年生。

弟くんは3歳になりました。


わが家も今年1月に引っ越して、いろいろバタバタしておりました



オッサン顔の弟くんは、心配したとおり、

お姉ちゃんのドレスを着てよろこんでるような子に育ち(笑)。

でもまぁ、戦いごっこや虫とりも好きなので、ちょっと安心しております。


そして母である私も、引越しをきっかけに

今年の春から家の近所の市民農園で

「畑仕事」しています。


これがまた…たのしくて

実は私、過去にはサボテンすら枯らすぐらいの

まったく植物世話しない人だったのです。


なのに…野菜作り始めたら、雨が降らない限りは

ほぼ通うくらいのハマりよう。


まだ幼稚園に行ってない弟くん連れて

畑のおばちゃんと化しています。


その畑、やってるとあらためて【東洋医学】【子育て】に通じる発見もあって!

(東洋医学は自然観察から生まれた医学だから、まぁ当たり前なんですが…


そんなお姉ちゃん&弟くんの近況、

そしてわが家の家庭菜園【わくりファーム】日記もまた綴っていこうと思います。


またよろしくお願いいたします



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



23 : 56 : 28 | 6歳7ヶ月&3歳3ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
わからないことは聞くべし‼︎
2018 / 09 / 09 ( Sun )
昨日書いた通り、今年5月から畑を借りて野菜づくりをしています。


もともと実家の父が趣味で畑してたので

子どもの時から畑について行ったりすることはあったのですが…

なにしろ、できた野菜収穫するくらいしかしないので、完全に初心者


父に相談して、くわやらなんやら必要な道具は揃えたものの、

「さつまいも作って、子どもたちと芋掘りするぞ‼︎」くらいしか考えてなかったという…


そして、畑に行くと、周りはすでに所狭しと野菜が植えてあるりっぱな畑だらけ。

(うちは市民農園の抽選に外れたんですが、辞退した人がいて借りれることになったので、周りよりひと月遅いスタートだったのです)


どっからどう見てもドシロウトな私&子どもたち。

すると…周りのベテランおじさんたちが、あれやこれやと教えてくれたり、手伝ってくれるんです。

あれはこうしたらいい、これはこうしたらいい、これじゃアカンで!!これ買ってきてこうしろ、などなど、ホント手取り足取り。

で、初心者の私はどうしたかというと…言われたこと、とりあえず全部実行‼︎


なぜなら、

・私は初心者。わからない。

・周りの人はベテランさん。しかもちゃんと野菜できてる

とりあえず、アドバイスしてもらったことは一通りやりました。


そしたらどうなったかと言うと…初心者の私の畑、夏野菜すっごくよく採れたんです‼︎

ベテランさんたちに「うちよりよう出来てるわ!」と太鼓判もいただきました


そんな中で学んだこと。

ネットやテレビ、本とかの野菜の育て方の情報だと、植えて2週間たったら追肥(肥料をやる)しましょう、とか書いてあるんです。

でもベテランさんたちは、そういう何日たったから、じゃなくて、野菜の様子を観察してるんです。

葉の色が悪かったら肥料が足りないから追肥しよう、とか葉っぱがしなっとしてるから水が足りないな、とか。


本の知識とかマニュアルじゃなくて、目の前の野菜(植物、生物)の様子を観察してるんです。


これ、ホント子育ても一緒だ‼︎って改めて感じました


・本やネットやテレビの情報とかより、目の前のわが子を観察することが大事。

・そして、先輩(先人・経験者)の言うことには聞く耳を持つ!

・さらに、やったことの結果を見て、これはやっぱりやってよかった、これは今度はこうしてみようと検証して、また次に生かす!


もう、ホント畑はあらためて子育ての大事なこと、教えてくれます。

だから、自然を観察することから生まれた医学の東洋医学に、通じるんですね。



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


20 : 12 : 30 | 6歳7ヶ月&3歳3ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
小学生も、大変だぁ…。
2018 / 09 / 12 ( Wed )
四月から小学生になったお姉ちゃん。

今日は、学校から帰ってさっそく宿題にとりかかっていたものの、

ふと見ると、宿題のノートの上につっぷして、うたた寝していました…


いつもなら、宿題しながら「眠~い…」とお姉ちゃんがぐずぐずしていると

「早くやってしまいなさい!」とかいっちゃう鬼母なのですが。

コテン、と寝てしまっているお姉ちゃんの顔を見ていたら、起こす気になれず。


「あぁ、疲れてるんだな…」

と、そのまましばし眠らせておきました。

-----------------------------

うちは今年1月に引っ越したのですが、幼稚園は通っていた幼稚園に最後まで通いました。

お姉ちゃんが「小学校は新しいとこでもいいけど、幼稚園は今のとこに最後まで行きたい」と言ったので、

3ヶ月間、車で送り迎えして卒園しました。

朝はあわただしかったけど、近かったときより渋滞を心配して早め早めに出るから、

引っ越してからの方が一回も遅刻しなかったりして(笑)。いい思い出です。


そして、四月からは新しい土地の小学校に入学しました。

お姉ちゃん、自分から積極的にいけるタイプの子ではなくて。

もちろん、同じ幼稚園だった子もひとりもいなくて、心細かったと思います。


たまたま、隣の席になった女の子がすごく積極的な子で、すぐにお姉ちゃんに

「名前なに?」って聞いて仲良くなってくれたらしく。

入学式の日に「もう友達できた!」とうれしそうに話してくれたのがとてもうれしかったのです。

--------------------------------

毎日、勉強に遊びに友達に、きっといっぱいがんばってるんだろうなと思ったら

しばし眠らせておこうかな、と思いました。


小学生も…いや、小学生だからの悩みや大変さもいっぱいあるものね。

こういう時は、「がんばれ」じゃなくて「いいよ」っていってあげようかな。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村



23 : 44 : 05 | 6歳7ヶ月&3歳3ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |