FC2ブログ
がんの3大治療法?
2014 / 04 / 01 ( Tue )
人間は、生まれた時から

(つまり、赤ちゃんのときから)

毎日約5000個のがん細胞が生まれている、ということを

ご存じでしょうか?


「え~~~?! じゃあ、なんでがんになる人とならない人がいるの?」

と思われますよね。


それは、カラダの中でそのがん細胞を

白血球の一種のナチュラルキラー(NK)細胞が

退治してくれているからなのだそうです。


つまり、がんを防ぐにも、がんを治すのにも

ナチュラルキラー細胞を元気にしておくことが大事とのこと。



新潟大学医学部の安保徹(あぼ・とおる)教授は、

がんを治す3つの方法として


「笑うこと」

「食事を改めること」

「カラダを温めること」


を挙げています。


この3つが、ナチュラルキラー細胞を活性化させるのだそうです。



これだけ医学が進歩しても

「自然に治ろうとする力」

に勝るものはないんですね。


そのためには、

やっぱり東洋医学でもいう

「日々の養生」

が一番大事なんですね。



にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



23 : 05 : 34 | 病気について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パパの失言?正言?
2014 / 04 / 03 ( Thu )
明日、4月3日は私の誕生日。


パパ:「あれ、何歳になるんだっけ?」

自分:「…36歳だよ…」

パパ:「大丈夫や!まだ34.5歳にしかみえへんって!」

自分:「……

パパ:「な、なんだよ~ 若くいったのに~


…ちっ、オンナゴコロのわからないパパめ


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村



00 : 18 : 08 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ワールド牧場で馬の散歩♪
2014 / 04 / 04 ( Fri )
今日は富田林あたりにある、ワールド牧場にいってきました。


桜もちょうど満開で、お天気も雨になるっていってたものの、

ぽかぽか陽気のままでもってくれてラッキー


動物にふれあえたり、体験とかもできるのですが、

うちがやったのは、これ。

「馬(ポニー)のお散歩」。


馬と散歩


フツ~に、自分たちだけで15分間、園内を散歩させてくれるんですよ~

ポニーもめっちゃおとなしくって、ぐいぐいひっぱったりしないから安心。

(けど、草を食べ始めると思いっきりひっぱってかないと

動いてくれなくなる


わが子もパパといっしょに手綱もっておさんぽ。


馬にさわる


「なでなでしてごらん」っていったら、「つんつん」。


干し草を手でもってあげたり、満喫してきました


2歳ともなると、けっこう「わ~」っていろんなとこに

興味津々でかけっていったり、反応してくれるから

連れてき甲斐があるな~なんて


ついでに今日は私の誕生日だったので、

パパとわが子からお花のプレゼントのサプライズが


私も家族でたのしいバースデーが過ごせて、いい一日でした


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

00 : 22 : 53 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
コーヒーの効用♪
2014 / 04 / 05 ( Sat )
医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
(2012/12/13)
近藤 誠

商品詳細を見る



私も大好きなコーヒーですが、

そのコーヒーには

・1日に5杯以上コーヒーを飲む人の肝臓がんの発症率は、飲まない人の4分の1

・コーヒーを飲まない人に比べ、毎日一杯以上飲む人は、女性では大腸がん発症率が

半分以下に抑えられた

・コーヒーを飲む量が多い人ほど、シミの量が少ない

などの研究の報告があるそう。


私が子供のころは

「がんになる」とか「胃が悪くなる」とか

色々言われていましたが、

コーヒー、汚名挽回


とはいえ、なんでも

「ほどほどに」にですね


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

00 : 19 : 48 | 「医者に殺されない47の心得」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
台所でのお手伝い。
2014 / 04 / 06 ( Sun )
わが子、台所でなにをするのが好きかって、

「たまねぎの皮むき」と「卵を割る」こと。


たまねぎは、なかなかの集中力でゴミ箱に向かって

むきむきするので、邪魔されなくてとても助かる(笑)


卵は、卵のとがったとこをコンコン打ち付けて

ヒビ入れたりとかするけど、

ちゃんとヒビのとこに左右の親指入れてぱかっとするので、

意外と殻が入らずうまく割る~


割った後に「まぜまぜする」って、お箸で

混ぜ混ぜもしてくれるように。


これも、ちょっと前までは箸をボールの外に出すから

周りに飛び散って大変だったけど、

ちゃんとボールの中だけでやってくれるようになったので、ひと安心。


あとは、作りながらの味見係

「ちょうだい」っていえるようになったもんだから

下から「ちょうだい、ちょうだい」コールが…。


食事の下ごしらえはわが子が昼寝をしてる間にしておいて、

最後の仕上げを食べる前にするんですが、

やっぱり自分もお手伝いしたときのほうが、よく食べる~


お手伝いっていうより、遊びなんでしょうね~


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

22 : 26 : 29 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「すべては自分のため」
2014 / 04 / 07 ( Mon )
私が以前、師匠に聞いた話に、

「すべては自分のため」というものが。


それは、

「人は絶えずいろんなことを選択しながら生きているけれど、

それはすべて『自分のため』の選択なんだ」

と。


「人のためにやっている」

「やりたくないけどやらされている」

と、いやいやしていることも、実は

「イヤなやつって思われたくないから、いやって言えない」

「これをしないといけない」

「これはこうじゃないとダメ(こうじゃないとイヤ)」

とか、自分の欲や思い込み、こだわりがあって、

結局、それは最終的に「自分のため」にしているんだと。


私は、この一言でずいぶんココロが軽くなりました。


不満だらけの人生は、なんでも

「人のせい」だと思っていたからなんだと

気づかされたからです。


自分の仕事も、パートナーも、

自分の置かれている状況も、

「すべては自分が選んだことなんだ」

と思うと、「人のせい」にしなくてすみます。


「自分が選んだことなんだから、たのしまなきゃ損!」って。


眉間にシワがよりそうになったら(笑)

「すべては自分のため」。

この言葉を思い出すようにしています。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村



23 : 09 : 26 | 育児の知恵袋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
公園で、イヌのお散歩♪
2014 / 04 / 08 ( Tue )
今日はとてもあたたかくて、いいお天気でした。


この間お友達になった、

わが子と誕生日が9日ちがいの子と

いっしょにランチをしにいって、

そのまま公園へ。


ぽかぽか陽気にさそわれて、ちっちゃい子もいっぱい遊びに来ていて

わが子も大興奮~


公園にきていたおじさんに

リードを持たせてもらって、

「初めての犬のお散歩」、させてもらいました。


わが子が「いこうよ~」ってひっぱっても、動かず…。

どっちが散歩されてるのかよくわからない…


それでも、おとなしいワンちゃんだったので

いっぱいなでなでさせてもらって、

わが子はご満悦だったもよう


あたたかくなってきて

外でのびのび遊べるのって、気持ちいいな~


わが子も、人生でいえば「春」の時期。

この時期を、のびのび楽しんでほしいものです



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

23 : 19 : 17 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いっしょに豆腐ハンバーグづくり♪
2014 / 04 / 10 ( Thu )
こどものスキな「ハンバーグ」。


最近、クックパッドで見つけたレシピに

「秘密の豆腐ハンバーグ」なるものが。

(レシピはこちら→


実は、ひき肉が足りなかったときにどうしよっかな~と

探していたら、たまたま見つけたレシピだったのですが…。


これが、作ってみるとフワフワ、やわらかでおいし~い


お肉が少なくてもいっぱいできるのも、うれしいところ


さらに、これを子どもといっしょに作ると…


・豆腐をホイッパーでぐるぐる

・卵を割って、おはしで混ぜ混ぜ

・タネをこねこね

・ハンバーグのかたち作り


と、こどもがやりたがる工程がいっぱいあって

よろこんで手伝ってくれるんですね~


家計にもやさしいし、こどももたのしんでくれるし、

わが子が手伝ったっていったらパパもよろこぶし(笑)

一石なん鳥にもなるこのレシピ、

わが家の定番になりそうです


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


22 : 50 : 32 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「過ちて 改めざる…」
2014 / 04 / 12 ( Sat )
わが師匠のところで

「あやまちて 改めざるこれを 過ちという」

という言葉が書いてあるのを目にしました。


気になって、調べてみたところ

中国の有名な古典の「論語」の言葉で、

『過ち(失敗や間違い)はだれでも犯すが、

本当の過ちは、過ちと知っていながら悔い改めないことである。』

という意味だそう。


肝に銘じておこうと思います


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

00 : 53 : 17 | 育児の知恵袋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「すず(鈴)」ってなんのためのもの?
2014 / 04 / 12 ( Sat )
先日師匠から

「すずって、なんのためのものか知ってるか?」

と聞かれたんですね。


私は「えっ…」ってなったんですが

教わった話がおもしろかったので、

自分の覚書のためにも、ちょっと記しておこうかと…。

(将来わが子にも教えてあげたいですしね



なんでも、古代から日本の美称(ほめたたえる言葉)として

「豊葦原の瑞穂の国(とよあしはらのみずほのくに)」という言葉があって、

一般的には「稲穂が豊かに実る国」

といった意味で使われているけれど、それは間違い。

実は「稲の穂」じゃなくて「葦(あし)の穂」ということらしいのです。


で、さらに「すず」とは、

「古代より製鉄の原料として、

温泉地帯の湿地帯に生える植物(葦や茅,薦等)の根に,

ある種の鉄鉱石(褐鉄鉱)が付着した塊をいう」

のだそう。


葦の根に、鉄鉱石成分が付着しどんどん成長して

中が空洞になると同時に小さな塊が残り、振ると音がするようになる。

これが本来の「すず(鈴)」なのだそう。


この「すず」は成長するのに、数十年以上の長い時間がかかるものだったので

現代でも、神社などで鈴を鳴らすのは、

この「すず(鉱物)」がたくさんとれるように、と祈った名残りなのだそうです。


昔の人は、葦や薦の水辺の植物の根に「スズ」のなるのを

気長に待って鉄を得ていたんだそう。

(ていうか、発見したのがすごい!)


あとは、「スズ石」というものもあるそうで、

『直径3~6cmの球状の石で、

振るとカラカラと鈴の音がするので「鈴石」と呼ばれてる。

核となる粘土などに鉄分が殻のように巻き付いてできたと考えられる褐鉄鉱の一種で、

内壁の小石が剥離して、中で動き音を出す』

(↓こんなもの)

スズ石


それ以降、こんどは砂鉄から鉄を作り出すようになるそうなのですが、

「へ~~~~

(私がモノ知らないだけで、常識かもですが…


学生の時は歴史ってニガテだったけど、

「ちゃんとすべてに意味があって、つながっている」

のって、おもしろいですね~


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

23 : 41 : 30 | 育児の知恵袋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
最近の外遊び事情。
2014 / 04 / 14 ( Mon )
あたたかくなって、

外遊びに絶好の季節になってきた

今日このごろ。


わが子の外遊びも、だいぶ変わってきました


最近のお気に入りは「砂場」。

まずは、はだしになるのは当たり前。

脱いだくつが、砂を入れるバケツがわりになってたり。


さらに砂場でダイブ&寝っころがる。

帰るころには全身砂だらけ。


いやはや、洗濯物がいっぱい…。

(いっしょにいる母もよごれるので)

帰り道で寝ちゃったときには

「この砂だらけの子、どうしよ…」

って、寝てるわが子を玄関で

パンパンはたいて脱がせて…


とはいえ、いつの時代でも

コドモは元気いっぱいが一番。


砂だらけ上等と思ってつきあってます。


去年の今頃は、公園いっても座り込んで

いじいじお絵かきするぐらいしかしてなかったのが、

今や「○○く~ん」とか「○○ちゃ~ん」とかいって走り回ってるんだから

コドモの一年ってホントおもしろい


来年は、3年保育だと幼稚園。

こうして一日いっしょにいるのもあと一年。

そう思うと、貴重な時間ですね~


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村





22 : 43 : 32 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「子どもを病気にする親、健康にする親」
2014 / 04 / 17 ( Thu )
子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)
(2014/04/15)
内海 聡

商品詳細を見る



なかなかセンセーショナルなタイトルの本ですが…。



・インフルエンザの薬は危険

・ワクチンがアレルギーや自閉症を作る

・フッ素はがんなどを引き起こす猛毒

・砂糖は子どもを暴力的にする

・ソーセージやアイスは添加物まみれ

・アレルギーの原因は化学物質だった

・しつけのベースを「食」に置く

・ケータイやスマホで脳腫瘍になる

・放射能だけを危険視しても無意味

・子どもには「智慧」をつけさせる

(以上、本の帯より)



実はまだ昨日届いたばかりで、読みかけなのですが(笑)

お母さん方知っておくべきことが、多々書いてあります。


「知らなかった」ではすまないことが、

いっぱいあるんですよね…。


ホント、日々勉強してないといけませんね


にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

00 : 58 : 25 | 「子どもを病気にする親、健康にする親」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こころほぐしヨガ&一時保育。
2014 / 04 / 17 ( Thu )
今日は子育てプラザでの

「ココロほぐしヨガ」というのに参加してきました。


ヨガも目当てだけど、それプラス

その間(一時間半)、一時保育付き


そろそろ子離れで、ちょっと一時保育とかも

してみようかな~と思っていたのでラッキ~


行く前に

「今日は、母さんはヨガって体操みたいなのしてくるから、

その間○○はお友達と遊んでてくれる?いい?できる?」

と言ったら

「うん」「い~よ~」と軽く返事していたわが子。


内心「ホントかな~…」と思っていたのですが…


預けるときは、ちょうどよく遊んでいるトモダチもいたので、

そのまますんなり預けれて。


ヨガは、ゆったり、ムリせずリラックス~、なソフトなヨガだったので、

がちがちだったカラダもココロもほぐれて、気分スッキリ~


リラックスして、ふだんの子育ての緊張がとけて

思わず涙がでちゃったお母さんもいたぐらい。


みんな、ふだんいっぱいいっぱいにがんばってるんですよね


そして一時間半のヨガが終わって、迎えにいくと

ちょっと微妙な顔をしていたものの、

泣かずにお利口に遊んでいたそう。


知ってる子もいたのもよかったのかな


いつまでも、私にべったりのわが子じゃなくて、

いつの間にか成長してるんだな~


子育ての有名な言葉に

「乳児はしっかり肌を離すな

幼児は肌を離せ 手を離すな

少年は手を離せ 目を離すな

青年は目を離せ 心を離すな」

というものがあるそうです。


わが子とも、少しずつ肌を離していく時期なんでしょうね


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


22 : 00 : 04 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「○○くんのおか~さん…」。
2014 / 04 / 18 ( Fri )
わが子がお気に入りのJくん。

そのJくんが、こないだの月曜日、

お母さんが体調がよくなくて、遊びにこれなかったんですね。


で、その時わが子に

「Jくんは、おかあさんがカラダの調子が悪くて、遊びにこれなかったんだって」

と話していたのです。


そしたら、その日から

「Jくん、おか~さん」

「とんとん、とんとん(小児はりのことらしい)」

とか、言うのです。


どうやら、

「Jくんのおかあさん、元気になったかな~」

「とんとん(はり)したら、元気になるかな~」

と言っているもよう。


Jくんと遊びたかったからなんだろうけれど、

そのおかあさんのことを心配しているわが子に、

「おぉ、そんなこともわかるようになったんだね~

と、ちょっと感心


「魔の二歳児」って世間ではいうけれど、

まわりの二歳児を見てても、

すでにお世話焼きが好きな子がいたり、

ウルトラマンやアンパンマン、電車とかの乗り物にハマってる子がいたり。

みんなそれぞれの個性が出てきてて、おもしろいですね~


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


23 : 04 : 35 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「子どものしつけで本当に大事なことは何か」
2014 / 04 / 19 ( Sat )
子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)
(2014/04/15)
内海 聡

商品詳細を見る



「子どもは親のいうとおりには決してならず、

親のするとおりになるのです。


子どもは結局、親のまねをして、親の背中を追っていきます。


あなたの子どもに問題があるならば、それは常にあなたの問題です。


『子どもは親の背中を見て育つ』のです。


『鏡は先に笑わない』という有名な言葉があります。

あなたが笑えば子どもは笑うでしょう。

ときにはおこることも必要でしょう。


子どもたちは、真に怒られるべきときは

必ず最後に納得します。


納得し続けないのは、

あなたの怒る理由が間違っているからです」




『親のいうとおりには決してならない』

『親のするとおりになる』


これは、耳が痛いけれどそのとおりですね。


私も思い当たることが多々あります。


わが子が泣き癖がついてたのも、

「泣けばワガママがとおる」としてしまった私の責任。


周りを見ても、

お母さんが気配り上手な人の子は、子どもも思いやりがあってやさしい。

お母さんがしっかりあいさつしてる人の子は、あいさつや受け答えがしっかりできる。


けど、これってプラスに考えたら

親もあらためて自分を省みるチャンスなんだと思います

私も自分が「毒親」にならないよう、

また自分が親でありながら、「未熟モノ」である自覚を持って

毎日過ごさなきゃと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


23 : 55 : 34 | 「子どもを病気にする親、健康にする親」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
学校給食で、牛乳が中止?
2014 / 04 / 20 ( Sun )
新潟県の三条市で、試験的に学校給食の牛乳を

一時中止しているそうです。


(その記事はこちら→


同市は、2008年からパンや麺類なしの完全米飯給食を実施しているそうです。

今回は「和食と牛乳はあわない」との理由でのことだそうですが…。



以前にブログでも牛乳については書いたことが。

(そのブログ記事はこちら↓

「牛乳を飲みなさい!」は間違いだった?

「牛乳を飲みすぎると骨粗鬆症になる」?


牛乳を嗜好品として飲むのは、個人の好き好きだと思うのですが

(私もコーヒーに入れて飲んだりしますし)

「カラダのために」と強要して飲ませるのはどうなのかな~、と…。


市としての取り組みとしてはおもしろいと思うので、

もう少しみんなが納得できる理由がちゃんと公表されればと思うのですが、

いろんな事情で、否定論がおおっぴらに言えないのが現実なんでしょうね…。



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

23 : 46 : 11 | こどものごはん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「おいしかったね~♪」
2014 / 04 / 21 ( Mon )
晩ごはんを食べた後。

「ごちそうさまでした」

をしたあとに、わが子がひと言、

「おいしかったね~」と。


そういえば…

こっちから「おいしい?」って聞いたときに

「うん」とか「おいしい」ということはあっても、

自分から「おいしいね~♪」なんていったこと、

なかったかも…。


母は、そりゃ~うれしかったのです


そして食後のはみがきタイム。


最近「ガラガラうがい」のできるようになったわが子、

はみがき後でもガラガラ…。


そして『ペッ』として、ひとこと。

「おいしかったね~


…がく~っ



ただ単に「おいしかったね~」ブームなだけですか…。


くそ~、ホントに「おいし~」って言わせてみせるからな~


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


22 : 18 : 22 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
タミフルで突然死3.8倍?
2014 / 04 / 25 ( Fri )
2011年の新聞の記事ですが…。



タミフルで突然死増加? 医師ら国内死亡例を分析


09年に流行した新型インフルエンザ(当時)で死亡した国内約200人の分析から、

治療薬タミフルの使用で容体が急変して死亡するリスクが高まったとする研究結果を、

薬の安全性を調べているNPO法人「医薬ビジランスセンター」理事長の

浜六郎医師らがまとめ、21日発表した。


浜医師らは、09年8月~10年3月に当時の新型インフルエンザで死亡したとして

厚生労働省が公表している約200人の経過を分析。


タミフルを処方された112人のうち、処方後12時間以内の呼吸困難が37人いた。

一方、治療薬を処方されなかった25人で12時間以内の呼吸困難は1人だった。


これらの結果タミフルを処方された人の場合、

容体が急変して死亡する危険性が、

治療薬なしの場合と比べて

約3.8倍高いと推定されるとしている。


タミフルと突然死の因果関係について、

厚労省は臨床試験などから

「肯定する根拠は示されていない」

との立場。


ただ07年2月に中学生2人が服用後に

自宅マンションから転落死するなどの

異常行動が報告されたため、

同年3月から10代への投与を原則禁じている。


(西日本新聞より)


タミフルのこわさは世間でも知られてきていますが、

今でも親が希望すれば、タミフルを子どもに

処方しているようです。



こどもは自分で判断して「イヤ」とは言えません。


親が賢くならなければ、子どもは守れない…。



にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


00 : 32 : 59 | 薬について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
オトナの世界を知ってしまった…。
2014 / 04 / 26 ( Sat )
意味深なタイトルですが…。


ただの『居酒屋さんデビュー』です(笑)


パパの友達が沖縄から帰ってくるとのことで

家族連れでいっしょに夜ご飯を食べにいこう!となり、

個室の居酒屋さんになったというだけで(笑)


2歳のわが子と10ヶ月の赤ちゃんがいたので、

遅くならないように6時に待ち合わせ。

(帰りが遅くなるので、お風呂は先に入って出発)


お酒飲む人がいてるとこだから、どうかな~と思ったのですが、

全室個室だったので、他のお客さんにあうこともほとんどなく。


こどもたちも最初はちょっと緊張ぎみだったものの、

慣れてきたらのびのび~


わが子はひたすら「枝豆」を食べてました…。


去年、同じメンバーでご飯食べに行ったときは

終始泣きっぱなしだったわが子。


それが今回はパクパク食べて、

アンパンマンたいそうやら、きらきら星やら

いろいろ踊りだしたり、終始ゴキゲンさん。


ホッとしました~


遠方だから、なかなか会えない人とのひと時。

今年はいい時間が過ごせてよかった~


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

23 : 30 : 03 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
古本市で~♪
2014 / 04 / 27 ( Sun )
今日は大阪の四天王寺さんで行われている

「大古本市」にお友達といってきました♪


昔は専門書をあさりに行っていたけれど、

今回はこどもの絵本&読み聞かせを目当てに


お寺の境内の中で開かれているので

なんだか時間がゆっくり過ぎてるように…。

鐘が鳴っているなかで、池で甲羅干ししてるカメをのんびりながめたり…。

(こどもたちもカメに大興奮)



お目当ての絵本も、親のほうが「あ~、これ好きだった~」とか

「このシリーズ、読んでたな~♪」とか

なつかしくなっちゃいました

(わが子はアンパンマンの絵本がなかったので、パズルに…)


風車や竹とんぼとかをつくるコーナーもあって、

おじいさんに手伝ってもらって竹とんぼをつくりました。


広いところにいって飛ばしてみたら、

これが思ったよりもめっちゃ飛ぶ飛ぶ~

こどもたちも「きゃっきゃ」いって追いかけてました。


お天気もよかったし、子どもたちもたのしそうにしてたし

ゆったりとしたいい時間が過ごせました


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

22 : 37 : 32 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トイレに目覚めたわが子。
2014 / 04 / 28 ( Mon )
つい最近まで、トイレに行くのが

あんまり好きじゃなかったわが子。

(私らのトイレにはついて一緒にはいるけど、

「トイレする~?」って聞くと

「イヤ」「しない」と拒否、みたいな)


それがここ一週間ほどで、

自分から「おしっこ」って言ってトイレにいくように


今まで大きい方は何回かトイレでしたことがあったけれど、

1~2回ぐらいしか成功したことのなかったおしっこも、

一日一回ぐらいはトイレでするように


今日も寝る前に「おしっこ」って自分からいって

トイレでしてから寝てくれた~


「まぁ、梅雨が明けてからトイレの練習すればいいかな~

ぐらいに思っていたいいかげんな母


思わぬ展開にウホウホです


それもこれも、『あること』がきっかけだったのですが…。


それはまた次回に



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

23 : 50 : 30 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
わが子、トイレに目覚めたきっかけ。
2014 / 04 / 30 ( Wed )
前回の続きで…。


わが子が自分から「おしっこ」って

トイレに行くようになったきっかけなんですが…。


わが家では、トイレでできたときに

「ごほうびシール」をトイレの中のカレンダーに

貼ることにしてたのですが、イマイチ乗らなかったわが子。

(おかたづけは、このシール作戦でうまくいってるのになぁ…)


で、この間、めずらしくトイレでうんちができたときのこと。


ごほうびシールを貼って、そのあとふっと台所のテーブルを見ると

わが子が「食べたいよぅ~」って言ってた、お菓子が。


あ、せっかくだから食べさせてあげよかな~、と

「トイレでじょうずにできたから、食べていいよ~

と言ったら、わが子、キラ~~~ン


おそらく、わが子の頭のなかでは

『トイレでする=ごほうびがもらえる

ってなったんでしょうね。


それ以来、あんなにこっちが「いく?」って聞いても

拒否ってたのに、自分から「おしっこ」って言うように。

(とはいえ、毎回じゃなくて気が向いたときだけみたいですが


けど、これって毎回お菓子あげなきゃいけなくなるから

やばいな~…と思っていたのですが、

できるたびに「やった~~~」っておおよろこびしてたら、

寝る前とか、おしっこ → シール → パパに「おしっこでたよ~」の報告、

で満足するように。


これって、犬のしつけといっしょだな~なんて思ったりして


「お手」したらほめてごほうび → くりかえすうちに、ごほうびがなくてもほめてもらうだけでOK

みたいな


まぁ、上手にやっているお母さんは

トイレが成功したときにほめまくってそれで習慣づくそうなので

これは『エサでつる』セコイ技かも…


…ていってたら、今日はオムツの中でうんちしちゃった


ま、気長にいきます~


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村


23 : 32 : 49 | 2歳1~2ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |